,

その2 純米とか吟醸酒って何⁈ 〜そうだったのか!日本酒の肩書き

前回の復習ですが、「純米」「吟醸」を分けるのは、

米+米こうじ=「純米酒」

米+米こうじ+醸造アルコール=「吟醸酒」 でしたね。

ただ、吟醸でも「純米」と付けば醸造アルコール添加は無しです。

また「本醸造酒」と呼ぶものは醸造アルコールが添加されます。

またややこしいですね。。でも

今回のテーマで最後に「まとめ」をしますので

今は何となく知るで大丈夫です。

 

ここで〈醸造アルコール〉についてですが、

よくアルコールが添加されている(添加物だから)ので

品質が悪い酒と言われることがあります。

決してそんなことはないです。

ほとんどはサトウキビで出来ていて、それを酵母で発酵。

蒸留して造っています。

じゃあ何で添加するの?といえば。。

  • 華やかなさな香り、吟醸香を際立てる。
  • 日本酒の雑味を抑える。
  • 防腐として添加する。

純米酒より華やかな香りが出せます。

そのため鑑評会では大吟醸酒を用いるのがほとんどです。

また軽快でキレのある味わいになる傾向があります。

そして防腐ですが昔と違い、管理が行き届いている現在は

あまり意味はなさないと言って良いでしょう。

 

ステップ2

次はお米をどのくらい削っているのかが

肩書きを名乗れるかのポイントになります。

またここで酒税法(お酒の法律)が絡みます。

精米歩合50%以下 純米大吟醸酒 大吟醸酒

精米歩合60%以下 特別純米酒 特別本醸造酒 純米吟醸酒 吟醸酒

精米歩合70%以下 本醸造酒

精米歩合規定なし  純米酒

となりますが、、、

また他の条件も存在します。

少しややこしくなってきましたが

次回に詳しくお伝えして行きますね。

それではまたお会いしましょう。

Don't worry, we don't spam

-->